マンガ「高台家の人々(森本梢子・著)」第42章を読んで

雑誌月刊YOUで連載中の森本梢子さんのマンガ「高台家の人々」第42章を読みました。
出だしから、帰宅してネクタイを外す光正があまりにかっこよすぎてクラクラしました。結婚しても相変わらずの素敵さですね。そして、毎日遅くまで光正が仕事で不在なのをいいことに、夫婦が暮らす棟でくつろぎまくる和正と茂子が笑えました。この三兄弟は本当に仲が良くて、木絵もすっかり家族に溶け込んでいて本当に微笑ましいです。
さて、今回は和正に焦点を当てたストーリーでした。和正はまだ若いのに、一生結婚しないと決めていると知った木絵の妄想には大爆笑しました。その妄想にすかさずツッコミをいれる光正と茂子もいいですね。そういえば和正にテレパス能力があることは、木絵はまだ知らないんでしたね。
純が久々に登場したのは嬉しかったですが、和正とはなんだか切ない展開になっていて少ししんみりしてしまいました。相手がテレパスなんて「死んでもイヤ!」と即答した純ですが、これはいたって普通の感覚ですよね。ラストの「ごめん」という和正のその一言の裏に込められた思いについて、考えさせられました。

溶液のことやメンス食塩水などについて勉強した

細胞について勉強しました。赤血球をことなる普及圧の溶液に濡らすと、等張液中ではかさ開きが起こりませんが、高張液中では収縮してしまう。逆に、低張液中では膨らんで、ひいては沸騰することもあります(溶血)。このことから、細胞膜は半透膜にほど近い個性を有することがわかります。生き物細胞を破壊したいときは、低張液を扱うこともあります。赤血球時の赤い色素(ヘモグロビン)が溶け出して、溶液が赤く染まります。ナメクジに塩気をふりかけると、塩気がナメクジの粘液に溶けて高濃度の塩水となり、こういう高張の塩水がナメクジの細胞から普及によって水を奪う結果ナメクジは縮んでしまう。多くの多細胞生き物の細胞をつつむ体液は、細胞と等張に保たれているので、細胞の収れんや沸騰が起こりません。0.9%の食塩水は、哺乳類の体液とざっと等張だ。こういう食塩水をメンス食塩水と済む、細胞やメカニズムを活かした通り賄うタイミングなどに簡便な溶液として使われます。勉強になりました。視力回復トレーニング 子供